物件探しガイド

 物件探しは苦労の連続です。理想とする物件にめぐり合うのは奇跡です。あきらめないで頑張りましょう。

1.自分が欲しい物件の条件を思い描く

 物件探しの目安となるように、理想の物件の条件を考えて見ましょう。

  • 場所、広さ、通勤経路
  • 予算、自己資金
  • マンション、戸建住宅、二世帯住宅
  • 分譲住宅、注文住宅

2.情報を集める。

 物件探しには情報収集が必要となります。新聞広告、書籍、インターネットなど色々なメディアから情報を収集しましょう。 また分譲住宅の抽選時に優遇倍率が適用される場合があります。

  • 新聞、新聞広告
  • 書籍
  • ホームページ
  • 電車広告
  • テレビコマーシャル

3.物件を見て回る。

 大体の条件をもとに物件を見て回りましょう。不動産屋を訪れたり、ぶらりと散策にいったり。以下ポイントです。

  • 天気の良い日に行く。
  • 明るい時間帯に行く。
  • 時間の余裕をもって不動産屋の予定をいれる。
    • 不動産屋は色々なところに連れて行ってくれるので、意外に時間がかかります。1回で半日程度の時間を見ておいたほうが良いです。
  • カメラを持っていく。
  • 条件に当てはまらないところも見ておく。
    • とりあえず見るのは無料です。いろいろ見て目を養いましょう。

4.物件への条件を妥協する。

 色々見て回ると、価格相場観や自分の欲しい物件がどの辺りにあるかつかめてくるはずです。 理想の条件を全て満たすところを見つけるのはなかなか難しいと思います。 地道な物件情報収集と条件の妥協でがんばりましょう。

関連ページ

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ