×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽天モーゲージはお得か?

更新日:2007年1月8日

 昨年住宅ローンに参入した楽天モーゲージが、最近「総支払額で選ぶならフラット35は楽天モーゲージ」と題して手数料一万円キャンペーンを実施しています。実際どんなものか見てみます。

 手数料10,500円キャンペーンは現在終了しております。
現在は事務手数料0.95%となっております。

住宅金融公庫のランキングを見てみる

 フラット35の総返済額のランキングは住宅金融公庫のホームページに掲載されています。詳細はこちらをご覧ください。

  • 住宅金融公庫の総返済額ランキング
    • 1.優良住宅ローン
      ※住宅性能表示物件は手数料 0.5%。それ以外は0.8%。
    • 2.千葉興業銀行
      ※同行の住宅ローンと併用した場合のみ
    • 3.近畿産業信用組合
      ※同行の住宅ローンと併用した場合のみ
    • 4.楽天モーゲージ
      ※3/31まで

 現在の楽天モーゲージのランキングは4位です。 ただし、「千葉興業銀行」と「近畿産業信用組合」は同行の住宅ローンと併用した場合のみの優遇金利なので一般向けではないですね。 ということで今回はライバルを優良住宅ローンとします。 ※楽天のライバルというとIT系の「SBIモーゲージ」といったイメージだったのですけどね。

計算して比較してみる!

 実際に月額と総返済額を計算して比較してみます。 計算には当サイトの住宅ローン返済額シミュレーションを使用しました。みなさまもどうぞ。 ここでは住宅金融公庫のランキングページと同様に3,000万円を元利均等、35年で借りた場合で計算します。 ただし優良住宅ローンは性能表示あり(手数料:0.5%)と性能表示なし(手数料:0.8%)を対象とします。

  • 優良住宅ローンと楽天モーゲージの月額・総返済額比較
    • 1.優良住宅ローン性能表示あり(金利:2.77% 、手数料:0.5%)
      月額:111,638円、総返済額:47,038,268円
    • 2.楽天モーゲージ(金利:2.801%、手数料:1万円)
      月額:112,149 円、総返済額:47,112,380円
    • 3.優良住宅ローン性能表示なし(金利:2.77% 、手数料:0.8%)
      月額:111,638円、総返済額:47,128,268円

 優良住宅ローンが僅差で一位となりました。ただし住宅性能表示ありの場合なのでこの一位はちょっと微妙ですね。

団体信用保険も考慮して比較してみる!

 単純に手数料と金利で比較してみましたが、実際にはフラット35を借りる人の多くは団体信用保険に加入すると思うので、その点も考慮して総返済額を計算してみることにします。下記ランキングは団体信用保険に一人加入した場合のものです。※団体信用保険金額は概算となります。

  • 優良住宅ローンと楽天モーゲージの月額・総返済額比較・団体信用保険1人
    • 1.優良住宅ローン性能表示あり(金利:2.77% 、手数料:0.5%)
      月額:111,638円、総返済額(団信込み):48,778,468円
    • 2.楽天モーゲージ(金利:2.801%、手数料:1万円)
      月額:112,149 円、総返済額(団信込み):48,854,880円
    • 3.優良住宅ローン性能表示なし(金利:2.77% 、手数料:0.8%)
      月額:111,638円、総返済額(団信込み):48,868,468円

 またまた優良住宅ローンが一位でした。さきほどより差が広がりました。

楽天スーパーポイントも考慮して比較してみる!

 楽天モーゲージは融資額に応じて楽天スーパーポイントをプレゼントしてくれるので、その分は総返済額から引いてみることにします。 3,000万円だと60,000ポイントがプレゼントされます。

  • 優良住宅ローンと楽天モーゲージの月額・総返済額比較・団体信用保険1人・楽天スーパーポイント考慮
    • 1.優良住宅ローン性能表示あり(金利:2.77% 、手数料:0.5%)
      月額:111,638円、総返済額(団信込み):48,778,468円
    • 2.楽天モーゲージ(金利:2.801%、手数料:1万円)
      月額:112,149 円、総返済額(団信込み):48,794,880円
      ※総返済額からスーパーポイント分60,000円を引いた
    • 3.優良住宅ローン性能表示なし(金利:2.77% 、手数料:0.8%)
      月額:111,638円、総返済額(団信込み):48,868,468円

 惜しい!!一位に届きませんでした。諦めました。実際、数万円の違いなら35年という長い期間を考えるとあまり気にしなくてもいいのですけどね。

まとめ

 今回は月額と総返済額だけを比較してみましたが、実際に融資を受けるに当たっては担当者の知識が豊富なことや、銀行ローンと併用できること、融資実行日が多く設定されていること、申込み場所、ホームページから相談できるなどの利便性なども重要だと思います。 まずは金融機関に相談してみるのがよいでしょう。

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ