住宅ローン控除(住宅ローン減税)

更新日:2007年6月13日

 住宅ローン控除とは、住宅ローンの残高に応じて所得税が還付される税法の仕組みです。住宅ローン減税ともいいます。住宅購入で貯金も財布もすっかり寂しくなったあなたへの贈り物です。

住宅ローン控除とは

  • 控除額は居住年度によって異なる
    • 控除額の条件は居住年度によって異なります。詳細は財務省のページを参照ください。 参考までに最大控除額を載せておきます。
       平成16年度:500万円
       平成17年度:360万円
       平成18年度:255万円
       平成19年度:200万円(控除期間は10年または15年から選択)
       平成20年度:160万円(控除期間は10年または15年から選択)
       ※未確定※ 平成21年度:500万円(控除期間は10年)(200年住宅は600万円)
  • ローン残高に応じて還付される
    • 繰上返済を行ってローン残高がなくなった場合は還付されません。
  • 所得税を支払っていない人には還付されない
    • あくまでも所得税が還付されるのです、ですので仕事をしていない方などで所得税を支払っていない人の分は還付されません!
  • 初年度は確定申告が必要
    • 2年目以降は勤務先の確定申告で還付が受けられる。
  • 共有名義の場合、共有者それぞれに対して控除が受けられる
  • 合計所得が3、000万円以下の人が対象。
  • 10年以上のローンが対象。
  • 床面積50m2以上が対象。
  • そのほかにも色々条件があるので所轄の税務署等で確認お願いします。

平成19年、平成20年入居の特例制度

 平成19年、平成20年入居の方は現行制度による控除と、特例措置として控除率を下げて控除期間を長くした控除の2種類から選択できます。詳細はこちら(平成19年度税制改革:財務省 住宅ローン減税)のページを参照ください。

 平成11年度から平成18年度までに入居されたた方は申告により住民税から控除できるように措置されています。(皆さん忘れずに!!)

参考ページ

平成17年の控除条件

 平成17年度居住者は次の住宅ローン控除条件となります。

  • ローン残高の控除限度額
    • 4,000万円
  • 控除率 1年目〜8年目
    • 最大40万円 控除率1%
  • 控除率 9年目、10年目
    • 最大20万円 控除率0.5%

 というわけで、住宅ローン控除は繰上返済などで金額も変わってくるので、あまりあてにせずにした方が良いかと思います。

次回は住宅ローン控除&確定申告の記録です。

関連ページ

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ