×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの種類

 現在はフラット35か銀行ローンが選択肢になります。支払額の安定した長期固定を望むならばフラット35、短期低金利をなら銀行ローンでしょうか。

 代表的な住宅ローンは次の通りです。

  • フラット35
  • 銀行ローン
  • 公庫直接融資(これは廃止となります)
  • 公庫財形住宅融資

フラット35(オススメ)

  • 長期金利固定の住宅ローン。最長35年間まで借入可能です。
  • 長期期間で借入したい人には非常にオススメです。
  • 金融機関毎に金利や手数料が異なります。
  • 住宅金融公庫と金融機関が提携して販売している住宅ローンです。窓口は金融機関となります。
  • 金融機関独自の商品(銀行ローン)よりも利幅が少ないため売るのに消極的になっているとも聞きます。ある大手都市銀行はホームページ上で商品の紹介されていません!金融機関にとっては「民業圧迫」ローンです。
  • 借入条件があるので事前に住宅金融公庫や金融機関に問い合わせてください。
  • 以前は「証券化ローン」、「新型住宅ローン」、「公庫提携ローン」と呼ばれていましたが、フラット35で統一されました。

フラット35についてはこちらのページを参照ください。

銀行ローン(なかなか)

  • 銀行独自のローン。10年固定2.0%などフラット35よりもお得な商品もあります。
  • 借入基準が公庫(フラット35)よりも低いです。
  • 団体信用保険への加入義務が必要なものが多いです。
  • 金利が優遇されているキャンペーン商品を狙いましょう。

公庫直接融資

  • 住宅金融公庫の直接融資です。平成18年度で廃止される予定です。完全廃止ではなく一部条件付で利用できるようです。

公庫財形住宅融資

  • 住宅金融公庫が現在も取り扱っている住宅ローンです。
  • 5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利です。
  • あらかじめ住宅金融公庫に財形貯蓄を行い、その残高の10倍まで融資を受けることができます。
  • フラット35と併用できるそうです。詳しくは住宅金融公庫にご確認ください。

次回は住宅ローンの金融機関について説明します。

関連ページ

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ