【フラット35】の総返済額ランキング 2007年12月

 住宅金融支援機構のフラット35総返済額ランキング上位にエントリしている企業の今月の総返済額シミュレーションをまとめました!

 シミュレーションは3,000万円を35年、元利金等、団信なしで借りた場合の月額と総返済額(返済額+手数料)となります。 シミュレーションはこちらのページにあるのでご利用ください。団体信用保険を考慮した計算もできます。

会社名 金利 手数料率 手数料 月額 総返済額
団信込
優良住宅ローン 2.718% 0.5%※1 150,000※2 110,785 46,679,902
48,415,502
楽天モーゲージ 2.70% 0.95% 285,000 110,491 46,691,106
48,425,406
ファミリーライフサービス 2.70% 1.60% 480,000 110,491 46,886,106
48,620,406
SBIモーゲージ 買取型 2.70% 1.785% 535,500※2 110,491 46,941,606
48,675,906
SBIモーゲージ 保証型 2.58% 2.1% 630,000 108,539 46,216,214
48,281,000
※1.建設性能評価物件の場合。それ以外は0.8%。 ※2.最低融資手数料は、105,000円です。 ※3.団体信用保険は、0.3%相当が必要です。融資比率が90%以下の場合。

 ちなみに。楽天モーゲージのホームページでは、金利、総返済額とも楽天モーゲージ社が1位と書いてあります。金利は最適水準なので確かに1位なのですが、総返済額は融資金利次第で2位になる場合があります。というのは優良住宅ローンは最低融資手数料を105,000円としているため、2000万円を借りた場合は手数料が、2000万x0.5%=100,000円ではなく、105,000円となり、すんでのところで楽天モーゲージに1位を逆転されてしまいます。たいした差ではないのですが、1位と2位って響きがちがいますよね。

 これはあくまでも【フラット35】だけを借りた場合の比較です。 ”はやり”のミックス金利では【フラット35】に低金利でお得な短期固定ものを組み合わせることで総返済額をもっと低くできます。 短期固定なので当然金利上昇リスクはありますが、上手に使えば全然お得なので是非検討ください。

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ