住宅購入のワンポイント

物件探し初期

  • 物件の情報は沢山仕入れましょう!
    • インターネットの住宅検索サイト、住宅販売企業のメーリングリスト、住宅販売の友の会に加入すると、DMや、メールにより沢山の情報を仕入れることもできます。
  • 物件は多く見ましょう!
    • やはり比較対象が多いほうが良いです。
    • 見ていくうちに見る目が養われてきて、多少なりともその住宅の価値や、自分の譲れない条件というものも分かってきます。
    • 足繁く通うのは億劫なものですが、見て損!ということはありません。
    • いくらヘンな物件でも、その悪い点を心に留めて次に繋げることができます!(しかしヘンなモノを見過ぎると不快になるのでたまには予算オーバーのゴージャス物件をみて目の保養をしましょう。)
    • ☆大規模な分譲だと粗品もGETできたりします。
  • 物件だけでなくその周辺のチェックも。
    • 物件を見るときは、駅近物件なら徒歩で物件地まで行って見ましょう。
    • また周辺付近を歩いて、お店、公園、学校の位置や、街の雰囲気をチェックしましょう。
    • また、時間帯を変えて、日照条件や、地域の安全度を確認することも大切です。
  • 営業マンから話を聞き出しましょう!
    • 最初は、ギラギラして苦手かも〜。と思う営業マンでも彼らには情報力があります。
    • お家のこと、資金のこと、その土地柄について等等聞きだせることは全部聞き出しましょう。
    • 最初は、ご希望の価格帯は?ご年収は?など多岐に渡る質問を受けますが、その後はこちらがオフェンスに。ギラギラした質問(詰問)者になってみましょう。

物件探し中期

  • 疲れた時は要注意!
    • 家探しも3ヶ月ぐらい根を詰めてやっていると、モー疲れた、、と気持も朦朧としてしまう瞬間がやってきます。この時期はとっても危険です。
    • そんな時には、自分の条件に合わない物件を見て、「それでもよいかも。。。」と思いかねません。
    • そんな時は一旦気持ちをリセットして、理想の我が家を思い描きましょう。

物件探し後期

  • 焦らずに
    • もしあまりにも物件が見つからない場合は、妥協点も見つけましょう自分にとって理想の物件というのはなかなか見つからないものです。
    • もちろん妥協しないことが一番です!あせらずにじっくりと。

契約

  • 時には決断力も!
    • 気に入った物件があり、これは、と思ったらまず押さえておきましょう。
    • 1週間ぐらい考える猶予期間になります。
    • 良い物件だと、すぐに他の方に先約されてしまいます。
  • お値引きしてもらおう!
    • 物件や、住宅販売会社にもよりますが、値引き又は何らかの形でサービスして貰える場合もあります。
    • ダメ元でおねだりしてみましょう。ただし、抽選倍率の高い物件は定価になることが多い様です。

ローン編

  • ご自身でも
    • 販売会社の方に提携ローンやおつきあいのある銀行ローンを勧めて貰えますが、利率は銀行によってかなり差があります。微々たる差でも35年となるとその差は何百万にも上ります。ご自身でもよく調べてみることが大切です。

関連ページ

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ