×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

年収から住宅ローンの借入可能額計算

 あなたの年収から住宅ローンの借入可能額を計算します。住宅ローンでは収入に対するローン返済額の割合を負担率といいます。フラット35や銀行ローンではこの負担率を融資条件とするので、住宅ローン借入の目安として使用してください。

 フラット35の負担率条件は年収によって異なります。下表は、負担率条件となります。詳細は住宅金融公庫のページを参照ください。

年収 300万円未満 300万円以上
400万円未満
400万円以上
700万円未満
700万円以上
基準 25%以下 30%以下 35%以下 40%以下

 計算条件を入力し「計算実行」ボタンを押すと計算結果が表示されます。正確な金額は金融機関にご確認ください。

計算条件
年収 万円
昨年度の税込み年収。1万円〜9,999万円の範囲で入力してください。
負担率
年収に対するローン返済額の割合。
選択した負担率の+15%までの範囲が計算結果に表示されます。
返済期間
住宅ローンの返済期間。
返済期間が短い方が利息は安くなりますが、月々の返済額が増えます。
金利 % 〜 %
住宅ローンの金利。
指定した範囲の金利が+0.05%毎に計算結果に表示されます。

 

 金利が低い方が利息の支払額が減るため借入可能額が増えます。また負担率も下がります。

 金融機関が負担率条件をチェックする際の金利は、融資金利よりも高めに設定されます。つまり融資金利が2.5%でも、チェック用の金利には3%が用いられるということです。余裕をもった資金計画を立てましょう。

関連ページ

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ