×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産取得税の計算

 不動産を取得すると売買の有無に関わらず取得した土地と家屋に対して税金を支払わなくてはいけません。 住宅購入で寂しくなった財布に追い討ちをかける悲しい出来事です。 しかし、不動産取得税の軽減措置が適用されると支払う税金を相当減らすことができます。 ではさっそく不動産取得税額をシミュレーションしてみましょう。

 不動産取得税は取得した状況によって課税方式が異なります。ここでは新築戸建を取得した場合を対象にシミュレーションします。正確な数値は税務署等にご確認ください。

 計算で使用した金額は、東京都主税局の不動産取得税の計算例で用いられている値を利用しています。

家屋の不動産取得税計算

計算式:
  家屋の不動産取得税額 = (課税標準額 - 軽減額)x 税率
  ※軽減額は平成9年4月1日以降 1,200万円

計算条件
課税対象額 万円 税率
軽減額 万円

計算結果
課税対象額
税額

※住宅取得状況により適用条件が異なります。下記参考ページでご確認ください。

土地の不動産取得税計算

計算式:
  土地の不動産取得税額 = 課税標準額 x 税率 - 軽減額
  ※課税標準額は平成17年取得まで固定資産税評価額の1/2となります。
  ※軽減額は次のうち多い金額となります。
   (1).45,000円
   (2).(土地1㎡あたりの価格 x 0.5) x (住宅の床面積 x 2) x 3%

計算条件
固定資産税
評価額
課税対象額
算出係数

課税対象額を算出する係数。平成17年度は0.5倍
税率
計算条件 軽減額(1)算出用
軽減額
計算条件 軽減額(2)算出用
土地面積
住宅の床面積 住宅の床面積に対する係数


計算結果
計算結果 軽減額算出
土地1㎡あたりの価格
軽減額1 軽減額2
計算結果 税額算出
課税標準額
税額(軽減前) 軽減額
税額

※住宅取得状況により適用条件が異なります。下記参考ページでご確認ください。

参考ページ

関連ページ

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ