×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産売買仲介手数料シミュレーション

 不動産業者を仲介として不動産の売買を行うと仲介手数料を支払うことになります。この仲介手数料は「国土交通省告示第1552項・宅地建物取引業法第46条第1項」で次のように定められています。売買代金 x 3%という単純な計算ではなく、金額範囲ごとの合計となります。

200万円以下の部分 200万円超
〜400万円以下の部分
400万円超の部分
5% 4% 3%

 以下のシミュレーターに売買代金を入力し、計算ボタンを押すと仲介手数料を自動的に計算することができます。

売買金額 万円

200万円以下の部分
200万円超
〜400万円以下の部分
400万円超の部分
仲介手数料

※上記の仲介手数料には別途消費税が必要です。

 電卓で計算する場合は次のようになります。例えば売買代金を1,000万円とした場合。

  • 200万円以下の部分 → 200万円 x 5% = 10万円
  • 200万円超〜400万円以下の部分 → 200万円 x 4% = 8万円
  • 400万円超の部分 → 600万円 x 3% = 18万円
  • 合計:10万円 + 8万円 + 18万円 = 36万円

 売買代金が400万円を超える場合、「売買代金 x 3% + 6万円」として簡易計算ができます。上記例と同じように売買代金を1,000万円として計算してみると次のようになります。

  • 1,000万円 x 3% + 6万円 = 30万円 + 6万円 = 36万円

 正確な金額は不動産業者にご確認ください。業者によっては仲介手数料を半額にしている場合もあります。

関連ページ

トピックス
住宅ニュース
住宅ローン比較ソフト
screenshot フラット35と銀行ローンの総返済額をシミュレーション。3つの住宅ローンを同時に比較できるので便利無料です。



住宅ローンシミュレーション
screenshot 無料で使える住宅ローンシミュレーション。繰上返済や併用ローンのシミュレーションもできます。




住宅関連書籍・グッズ